ニュースリリース

  ニュース   2020-02-03更新

今日は節分ですね!

当社では例年通り、会長・社長から「従業員の皆さんへのお礼」で恵方巻きをいただきました!!

社内でお昼ご飯として食べる方もいますし、ご自宅に持ち帰ってから食べる方もいますが・・・
その恵方巻きの ”食べ方” について調べてみました♪

●食べるときの姿勢
 明確なルールはないようで、立って食べても座って食べても問題ないそうです。

●その年の恵方を向いて食べる
 これは、皆さんご存知ですよね!
 「恵方」と言われるその年の神様がいる方向を向いて食べますが、今年の恵方は「西南西」です。

●口から離さず最後まで
 これは知らなかったのでビックリしましたが、恵方巻きは口から離さず最後まで食べ切るのがよいそうです!
 理由としては、食べている途中で口から離してしまうと、離した部分から幸福が逃げていくらしいです!!!
 (実践してみたところ・・・ちょっと苦しかったです・・・)

●笑うと効果
 恵方巻きを食べる前に、にこっと笑ってから食べると邪気を払う意味があるそうです。

●目をつぶってお願い事をする
 声を出さず&黙って食べるのがルールですが、且つ、目をつぶり心の中で願い事を唱えながら食べるといいそうです。

●醤油のつけ方
 恵方巻きを食べるときに醤油をつけるのは食べる前の一度だけで、
 2回目以降に醤油をつけようとすると口から恵方巻きが離れてしまい幸福が逃げてしまうそうです。

上記の食べ方は一般的なものなので、必ず実践しなければいけない、ということではないそうです。

今年、近所のスーパーマーケットに「手巻き恵方巻きを作ろう!」と恵方巻きセットが販売されていました。
手巻き寿司感覚で、みんなで楽しんで食べるのもいいかもしれませんね!